三重県紀宝町から産地直送みかんをお届け!石本果樹園みかん直売所ブログ

menu

石本果樹園みかん直売所ブログ

地元・三重県立木本高校で、農業のことなどを、講演させて頂きました。

11692705_900070373393919_7797094494107303993_n

平成27年(2015年)7月7日(火)14:10~15:20 七夕の日に、地元の三重県立木本高校2年生79名、教員10名の前で、【働くというこ】と、その【アドバイス】【社会人になるために必要なこと】【地元を元気にするヒント】について、講演依頼を頂き、この4つのキーワードを中心に、本日、その講演をさせて頂きました。

地元で農業やってますと、このような学校からのご依頼を頂くことが、まれにあります。その時は、実力不足の私ですが、自分が学生時代、ご迷惑をおかけした先生や、関係者の皆様に、恩返しを出来るチャンスと捉え、また、自身の学びのために、一生懸命参加させて頂いてます。

11692705_900070373393919_7797094494107303993_n
(注・写真の、学生たちの様子は、「途中休憩の様子」で、授業中ではありません)

今回、このタイミングで、一度、自分の意見をまとめてみたかったこともあり、何日も前から、じっくり資料製作にあたりました。(途中、一緒に考えてくれた友達に感謝申し上げます)

PCの苦手な僕は、こんなときに、表や、グラフを、作ることが出来なくて、若いうちにもっとやっとけば良かった…。そんな後悔の日々です…。しかし、出来る範囲ですが、製作し、動作確認できたときは、感動ものでした。(実は今回、初めて自作しました) 乗り遅れたIT化の波に、これ以上、遅れないように、必死にしがみつくので精一杯です。

今回は、学生が対象ということで、内容も深堀することなく、聞き易さをキーワードに、広く浅く話させて頂きました。発表時間は、完璧に予定通りだったものの…内容は、もう少し、絞り込んで、焦点を定めたほうが、良かったのかな?と、思いました。しかし、講演後の、パネルディスカッションで、3名の代表生徒それぞれが、凄く良い意見を発表して頂くことが出来て、率直に嬉しかったです。

「僕も地元で就職したその時は、石本さんみたいに、学生の前で講演したい!!」そんな声が掛かり、やりがいを感じることが出来ました。

 以下、資料を紹介させて頂きます。

※資料内容に関する全ての事は、石本慶紀個人の意見、思いです。
※以下UPした内容は、実際の発表と比べて、多くの部分を割愛させて頂いてます。


開演→壇上する (アイスブレイク①)

※タイトルコール 【働くということ】、【アドバイス】【社会人になるために必要なこと】【地元を元気にするヒント】【あなたが大人になる時に必要な力】石本果樹園代表 石本慶紀

(画像1)
画像(1)-1

(画像2)
 
chapter 1「ご挨拶と自己紹介」

画像(1)-2

私は、みかん農家です。 「矢渕中学校」へ入学、「紀南高校」を、卒業後→三重県松阪市にある「農業大学校」で2年学び→最後に、九州は、大分県にある「常緑果樹試験所」で1年研修を受け。地元へ帰って来ました。帰省後は、直ぐに石本果樹園へ就農。30歳で代表の座を、父から譲り受け、みかんの、生産と、販売を、しています。

(画像3)石本果樹園集合写真
画像(1)-3
現在、就農して約15年になります。
私が、農業を継ぐ農業を継いだきっかけは、自分が中学校一年生のときに、台風19号が上陸したときに、大きな被害が出て、テレビでも大きく放送されました。そして、それを見たお客さんが、救援物資を沢山送ってくださいました。そのときに「これは凄いことだな」って感動が、跡取りになったきっかけでした。実際、就農するにあたり3年間の学生生活を送るわけですが…

(画像4)若い頃
 画像(1)-4

※若い頃の話し(アイスブレイク②) 現在は…

(画像5)各種合わせ写真

 画像(1)-5

道の駅ウミガメ公園副社長&駅長を兼務。奥熊野コミュニティーKumateng会長。合気道紀宝道場少年部指導員。紀宝地区少年警察共助員などの活動を、させて頂いています。

(時間が余れば、趣味の話や、家族の話をする)

(砕けた感じから、少し改まって、緊張感を持って話し出す)

(画像6) 
chapter 2

画像(2)-6

ここでは、市谷先生からご依頼のあった【働くというこ】と、【アドバイス】【社会人になるために必要なこと】【地元を元気にするヒント】この4つのキーワードについて、私し個人の意見をお話しさせて頂きます。っと、その前に…

※生徒への質問×2

① これまでに、お手伝いや、バイト・パートで、お金を貰ったことのある方?
② 自分が1年生活する経費。おこずかい、食費、服代、倶楽部代、趣味代etc 計算したことのある方?

(画像7)「働くとは?」画像(2)-7 
・人の力が重なること
・それから、定められた時間から時間まで、与えられた仕事に対して・・・
・そして、対価を頂く。主に、お金を頂くと言うこと。

(画像8)

画像(2)-8 
ウミガメ公園での活動を例に、説明する。

※「挨拶する」「服装を正す」「時間を守る」の大切さを話す

(画像9)

画像(2)-9働き方に対する【アドバイス】
 
ここはゆっくり丁寧に、画面を指差しながら、また、学生の顔を見ながら話す。

(画像10)

 画像(2)-10
台風被害で切り株を掘り起こしている様子を説明して、「思い通りにいかないこと」「くじけないこと」「アイデアをだすこと」を話す。
また、自身、失敗が多い話をする。

※天才イチロウでも打率3割 10回チャレンジして3回もhitすれば、凄いこと。

【社会人になるために必要なこと】

(画像11)
 画像(2)-11
「自立すること」
感謝するだけでなく「感謝される」ようになること、
それが出来ている人は「自立できている」。

「コミニティーを作ること」
自立出来ている人の集まり、コミニティーを作ることが大切。

(画像12)kumateng

画像(2)-12

※逆に、自立できてないメンバーで集まった時の悲惨さを話す。

【地元を元気にするヒント】

(画像13)

 画像(2)-13
「地元が元気になる」それぞれのコミニティーが、それぞれの役割、責任を持って務めることで、地元が元気になる。

(画像14)
 画像(2)-14
※演奏会を例にとり、それぞれが責任を持って努めることで、ひとつの世界が動くことを話す。

 さて、ここからは、私の話ではなく、みなさんの話をしていきましょう。

(画像15)未来予想図chapter 3

 画像(3)-15
そこで、皆さんが大人になったときに、「日本は?」「この地域は?」どう変化しているでしょうか… 私なりの考えを発表します。

(画像16)文字→「人口減少」「終身雇用制度の崩壊」「グローバル化」「契約社会」「格差社会」

画像(3)-16 
これからの未来はこのようになっていくと考えます。

非常に厳しい時代が手招きしています。これまでの「あたりまえ」が、ものすごい速さで変化していくことでしょう。そんなあなたたちが、大人になったときに、例えばどんな仕事がしたいですか?

(画像17)
 画像(3)-17
唐突にそう聞かれても、おそらく、即答できる方は少ないと思います。
私だって、今だからこそ、「農家になりたかった」と、言い切れますが、学生時代に振り返ると、他にもやりたいことはありました。
「何になりたいか?」夢は広がるばかりです。 そこで…

(画像18)
 画像(3)-18
言い方を変えてみます。「何になれるのか?」少し言い回しを変えただけで、急にリアルを感じませんか?「何になれるのか?」時間のあるうちから、自問自答を繰り返してください。そして…

(画像19)
 画像(3)-19
テーマが大きくなれば、なるほど、話がわからなくなるものです。そこで、自分なりの仮説をたてることで、無限に膨らむ考えを、整理することが大事です。

※(会場へ投げかける)そうすることで「見えて来るものがあるでしょ?」


chapter 4 へ


(画像20)chapter 4 あなたが大人になる時に必要な力

画像(4)-20

(画像21)伝える力を学
 画像(4)-21

※世界遺産の自然や歴史、文化だけの話でなく、仕切りを下げて…美味しい食べ物や、雨、通学路など、日常生活の中の魅力を発見出来るようにする。

(画像22)「繋がる力」
 画像(4)-22
※自己評価と他己評価

(画像23)SNSについて

 画像(4)-23

「繋がる」について、リアルの繋がりと、SNSのみでの繋がりを分けて考えること。

「みんな考え方が違う」という前提でSNSをしようして、誹謗・中傷を受けた場合は、そんな意見もあるんだな~っと、トラブルシューティングをしておくと、実際そうなった時にらくになる

(画像24)「許す力」
 画像(4)-24

※失敗者に厳しい日本。でも、いつまでもそうであってはダメ。一緒に変えていけるようになろうよ!っと、会場に、呼びかける。

(画像25)まとめ「負けないこと」

 画像(4)-25
(終了時間を意識して)

最後のテーマ。社会に出るってことは、守られていることが終わること。そして、働き出すということは「戦うこと」だと伝える。しかし、争うべき相手は、他人では無い。弱い自分、卑怯な自分、醜い自分。そんな自分に「負けない」ようにすることが大事。負けないために逃げることも大事。だけど、うまくいくエピソードを想定しておくことはもっと大事。

※相手を打ち負かしても嫌な気持ちは残る
※好き嫌いでなく、真中が大事

(画像26)

広告1 次回のイベントを告知させて頂く。

 

 画像(5)-26

最後に…
(画像26)ご清聴ありがとうございました

画像(6)-27

以上です。

 

10年後、このまま新規就農者が増えない場合、この地元では、若手みかん農家は、たった2人になってしまいます。先のことを考えると、気持ちが落ち込むことのほうが多いですが…。今回、若者たちと交流させて頂き、彼らに投げかけたつもりのメッセージは、全て、自分に帰ってきてることに気付きました。地元をこれ以上に衰退させないためにも、彼らとの連携も、しっかりとっていきたいです。

みかんを作りを続ける為に、次の後継者にバトンを渡すために…。その土台となる「地域作り」石本果樹園として、私達がこの地で営農を続けていく為に、取り組んでいきます。

 

石本果樹園みかん店(直売所)のFBページがオープンしました!!
1779145_333585113516144_5167579253063945600_n - コピー
是非!ご覧ください→石本果樹園みかん店 Facebookページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。